おまとめローンは総量規制対象外ですよ!

総量規制でも借りるには「おまとめローン」ですよ!

貸金業法が改正された2010年6月以降、総量規制でどこからもお金が借りれない人が増えています。

というのも、総量規制で年収の3分の1を超える借り入れはできないからです。

すでに年収の3分の1を超える借り入れをしている人に融資してくれる消費者金融はどこにもありません。あったとしても、それは日本貸金業協会に登録していないヤミ金なので絶対に手を出してはいけません。

さて、そんな総量規制ですが、「例外」となるローンがあるのをご存知ですか?

それは「銀行カードローン」と「おまとめローン」です。この2つは総量規制の例外、つまり総量規制対象外の借り入れになるのです。

ただ、「銀行カードローン」は審査が非常に厳しいです。10人申し込んで2人くらいしか審査に通りません。すでに複数の会社から総量規制にひっかかるほど借りている人は、まず審査に落ちてしまうでしょう。

ダメ元で申し込む人もいるようですが、それをしてしまうとさらにアナタの信用情報は汚れます。

というのも、「銀行カードローン」の審査に落ちたことは信用情報機関に記録されるからです。こうして、さらに借りづらい信用情報となってしまうのです。。

そこで、総量規制でどこからもお金が借りれない人にオススメしたいのが「おまとめローン」です。

「おまとめローン」は総量規制対象外ですし、通常のローンよりも審査に通りやすい傾向にあります。

業者側からしてみれば、他社の借り入れを自社に1本化してもらえるので、ぜひとも利用して欲しいからです。

さらに、「おまとめローン」にすると実質年率が下がることが多いです。これは大きなメリットで、実質年率が下がるということは、利息額が下がるので、トータルの返済額も下がるということです。

さらに、一番のメリットは毎月の返済回数が1回になることかもしれません。月に1回の返済なら精神的にもゆとりができるでしょうし、計画性を持って返済に望めるからです。

ただし、銀行の「おまとめローン」は審査が厳しいのでオススメしません。

そこでオススメしたいのが中央リテールです。

中央リテールなら審査に通りやすいですし、銀行とほぼ変わらない実質年率10.95%〜13.0%で複数のローンを1つにまとめることができますよ(^_^)

他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。

中央リテールは知名度こそ銀行や大手消費者金融に比べたら低いですが、日本貸金業協会に登録している正規の貸金業社です。

銀行や大手消費者金融で融資を断られた人を相手にしているので、審査に通りやすい傾向があります。

実際、「他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。」と言っています。

「お客様のご希望にスピーディーかつ親切・丁寧な対応」をモットーにしているので、総量規制でどこからもお金が借りれない人は、中央リテールで「おまとめローン」をすることをオススメします(*^_^*)

会社名 実質年率/融資額 融資スピード 特徴
中央リテール
10.95%〜13.0%

1〜500万円
最短1日 返済額が軽減できる。
審査まで最短2時間。
融資まで最短1日。
相談窓口の担当者全員が国家資格取得者だから安心。

どこからもお金が借りれない状態が続いていたCさんの場合

Cさんは以前、キャバクラにハマってしまい、かなりの額を複数の消費者金融でつまんでしまいました。

現在は、現実を直視し、キャバクラ通いは辞めていますが、以前作った借り入れの返済に困っています。

というのも、総量規制以降、どこからもお金が借りれない状態が続いているからです。

毎月の返済が大変で、3ヶ月前は家賃すら払えなくなり、親に頼み込んで10万円ほど借りたくらいです。

そして、今月、また家賃の支払いができない状態になってしまいました・・・。

Cさんは青ざめてしまいました。。また親に頼むわけにはいきません。親はすでに定年退職していて、今は貯金と年金で暮らしているからです。

ある日、偶然、学生時代の友達に会いました。そして、飲みに行くことになりました。もちろん、その友達のおごりです。

その友達は現在、銀行に勤務しているそうです。Cさんは酔った勢いで、現在のお金に困っている状況を全て話しました。

すると、その友達は「おまとめローン」を勧めました。なぜなら、おまとめローンは総量規制の例外だからです。

その友達は「銀行のおまとめローンは審査が厳しいから辞めておけ」と言って、知名度は低いけど審査に通りやすい会社を紹介してくれました。

Cさんは翌日、さっそくウェブから「おまとめローン」を申込み、審査に通ったので、今月の家賃の支払い分だけ新規に融資をしてもらいました。

さらに、複数の借り入れを1社にまとめたことによって、実質年率が下がったので、利息負担が減少しました。

また、毎月の返済が1回になったことにより、精神的にグッとラクになりました。

Cさんが一番辛かったのは、毎週のように返済があったことだったので、気持ちが休まることがなかったからです。

現在、Cさんは毎月1回だけ少しずつ返済し、週末には仕事以外にアルバイトなどをして、完済に向けて前向きに生活しています。

すでに限界が来ている人は借金の専門家に早めに相談を!

どこからもお金を借りられないほど、借金が増えてしまった人は、なるべく早めに借金の専門家に相談することをオススメします。

手遅れになる前、なるべく早い段階で相談だけでもしておくことで、将来に向けて新たな道が見えてきます。

どんな道にも専門家がいるように、借金返済にも専門家がいます。

専門家はアナタが知らない法的な方法で、アナタの借金額を減らす方法を知っています。

世の中には、知らないだけで損することも多いので、まずは今の自分の現状をしっかりと知ることから全てが始まります。

借金の重圧のせいで、毎日をどんよりと過ごしていても何も変わりません。

今までと違う結果を手に入れたかったら、今までとは違うアクションを起こす必要があります。

たとえば、ネットで24時間、いつでも無料で相談できる街角相談所のような借金相談サイトで相談してみたり。

名前や住所といった個人情報を入力せずに、電話番号とメールアドレスだけで相談できるので、匿名性を保ちながら今の自分の状況を把握できます。

実際、どこからもお金を借りられないほど、借り入れが増えてしまった人は相談している人も多いです。

何でもそうですが、自分一人で解決できることもあれば、一人では解決できないこともあります。

そんな時は、専門家の力を借りるというのも1つの選択肢です。しかも、無料ですから相談しない理由はないと思いますよ。

大企業、公務員、年収が多い人なら銀行カードローンという選択肢も!

アナタが大企業社員だったり、公務員や年収が多いサラリーマンなら新生銀行レイクオリックス銀行カードローンといった低金利な銀行カードローンで複数ローンを1つにまとめるという選択肢もあります。

たとえば、あなたがA社に50万、B社に30万、C社に40万で合計120万円の借り入れがあるとします。この120万円を低金利な銀行カードローンで借りて、先の3社に一括返済してしまうという方法です。

複数の金融機関から借り入れがある人がやっている、人気のある返済方法です。

銀行なので審査は厳しいですが、信用が高い大企業社員や公務員だったり、年収が多い職業の人なら審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、上限金利は中央リテール(金利 10.95%〜13.0%)の方が低いので、まとめる金額が200万円以下くらいなら中央リテールの方が利息負担が少なくなる可能性が高いです。

というのも、まとめる金額が多いほど実質年率は下がるからです。

銀行で複数ローンをおまとめ!
銀行 融資額と実質年率 特徴
ジャパンネット銀行
〜1000万円

2.5%〜18.0%
初回は30日間無利息。審査結果はメールでお知らせ。融資は最短で60分。申込にはジャパンネット銀行の口座開設が必要。返済は月々3000円からでOK。
新生銀行カードローン レイク
1〜500万円

4.5〜18.0%
初めてなら全額30日間無利息 or 5万円まで180日無利息
最短で即日振込。即日審査・回答。主婦・主夫の方でもパートやアルバイトなどで安定した収入があればOK!
オリックス銀行カードローン
〜800万円

1.7〜17.8%
700〜800万円の融資なら金利1.7%と銀行カードローンの中ではトップクラスの低金利。
おまとめ・借り換えなら返済が月に1回になって精神的にも金銭的にもラクに。来店不要、保証人・担保不要。

国が副業や兼業を勧めている時代です!

16年末から、政府が「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする方針が伝わり、大企業の間で副業解禁の動きが広がっています。

日本は人口減少国です。特に、労働者の数が減っており、人手不足が深刻になりつつあります。

政府は副業や兼業の普及によって、足りない労働力を補うという考えを持ち、正社員の副業や兼業を後押ししているのです。

こうした動きは日本だけでなく、世界の先進国でも同様の働き方の変化が起こりつつあります。

たとえば、アメリカのニューヨークでは、昼間は大手出版社で働き、夜はバーテンダーの副業をする人も少なくありません。

本業の収入だけでも生活はやっていけますが、「外食や旅行、美容費などを賄うには足りない」という人が多いようです。

これからの時代、仕事は1つだけではない時代です。本業だけの収入に頼らず、副業や兼業で複数のところから収入を得る時代なのです。

副業・兼業という言葉を使うと、ちょっとハードルが高いように感じるかもしれませんが、「もう1つバイトを増やす」だけでOKです!

バイトを増やせば収入も増えますから、借りたお金の返済もラクになります。

忙しくなるので、ムダにお金を使う暇もなくなりますし、まかないが出るバイトなら、食費も節約できます。

さらに、今の会社以外の人とのつながりもできるので、世界が広がります。

借金の返済をしながら、食費を節約し、人間関係を広げる。それが、バイトを1つ増やすことの意義です。

「会社の給料が増えない・・・」と文句を言っていても何も変わりません。

会社に頼れなければ、他の収入源を探すべきです。

様々な労働に触れることで、本当の自分の姿に気づくこともあります。

アルバイト探しは「ジョブセンス」などのバイト探し情報サイトを使えば、すぐに候補が見つかります。

「ジョブセンス」なら、バイトに採用されるとお祝い金として最大で2万円をもらえる職場もあるので、せっかくならそういったバイトを探してみるのもいいでしょう!

とにかく、1日でも早く借金生活から抜け出すためには、収入源を増やすしかありません。

そのための一番簡単な行動が「バイトを1つ増やすこと」なのです!

参考サイト・おすすめサイト